toggle
2018-12-08

アルダ・マッツェンダラ・アーサナ(ねじりのポーズ)

ワンポイントアドバイス

左膝をまげ、かかとはお尻の右側に、右膝は立てて、左膝の外側に、

坐骨を床に安定させ、骨盤を立てる。

吸う息で背骨を立て、吐く息でウエストから上半身をねじる。両手の位置は自由にアレンジOK。

 

効果

骨盤から安定させ、内臓からねじることで、内臓が活性化し消化機能を高めます。

便秘などの効果に良い。

また背骨にも刺激を与えることで、イライラを緩和し、呼吸も深くなり、

自律神経の緩和にも効果が大きい


関連記事

    関連記事はありません